2017年10月20日金曜日

Visual Studio Code(VS Code) 便利機能 ~ Part.1 ~

どうも、もりもりです。

最近 VS Code が便利すぎてよく使ってます。

7月末には64bit版もリリースされました。
またファイルサイズの制限が50MBから無制限となったので
デカいログファイルも読み込めるようになりました。

アップデート情報は下記で確認できます。
https://code.visualstudio.com/updates/v1_16

あとは印刷できるようになればよいのですが。。。

よく使うショートカット


<全般>
キー 動作
Ctrl + , ユーザー設定を開く
Ctrl + F ファイル内検索
Ctrl + H ファイル内置換
Ctrl + Shift + F フォルダを指定して検索
Ctrl + K, M 言語の選択 ※IMEが半角モードになっていること
Ctrl + Shift + P コマンドパレットを表示
Ctrl + R 履歴からファイルを開く
Ctrl + Space サジェストを表示
Shift + Alt + 選択 矩形選択

<SQL Server 関連>
キー 動作
Ctrl + Shift + C DB接続先の表示 ※表示中ファイルの言語モードが「sql」の場合
Ctrl + Shift + E SQL実行

よく使う拡張機能


mssql
  ・SQL Serverに接続できる

Excel Viewer
  ・CSVを表形式で表示できる
  ・並び替え可能
  ・フィルタリング可能

EvilInspector
  ・全角スペースを強調してくれる

mssql


<DBの接続設定を保存する>

1.「Ctrl + N」で新規ファイル作成
2.「Ctrl + K, M」で「sql」と入力し「SQL」を選択
3.「Ctrl + Shift + C」で「Create Connection Profile」を選択
4.指示通りにサーバ名、DB名、認証方式、ユーザ名、パスワード等を順に入力してEnter


<接続設定保存済みのDBにアクセスする>

1.「Ctrl + N」で新規ファイル作成
2.「Ctrl + K, M」で「sql」と入力し「SQL」を選択
3.「Ctrl + Shift + C」で保存済みの接続設定を選択


<テーブルからデータを取得>

1.上記の各手順1で作成したファイルにSELECT文を記述
2.「Ctrl + Shift + E」でSQLを実行


Excel Viewer


1.CSVをVS Codeで開く
2.「Ctrl + Shift + P」でコマンドパレットを開く
3.「csv」と入力
4.「CSV: Open Preview」を選択


設定(settings.json)


VS Codeの設定の一部ですが、こんな感じで使ってます。

{ "editor.minimap.enabled": true, "editor.fontSize": 12, "editor.renderWhitespace": "boundary", "files.defaultLanguage": "csharp", "files.associations": { "*.txt": "csharp", "*.log": "csharp" }, "terminal.integrated.shell.windows": "C:\\Program Files\\Git\\bin\\bash.exe", "mssql.connections": [ { "server": "xxxx", "database": "xxxx", "authenticationType": "SqlLogin", "user": "xxxx", "password": "", "emptyPasswordInput": false, "savePassword": true }, { "server": "xxxx", "database": "xxxx", "authenticationType": "SqlLogin", "user": "xxxx", "password": "", "emptyPasswordInput": false, "savePassword": true } ] }


便利な拡張機能などがあれば随時アップしていきます。

それではまた。

0 件のコメント:

コメントを投稿