2020年10月30日金曜日

削除できないパーティションがあるディスクをクリーンしてみた!

 廃棄するPCから取り出したHDDを別のPCに増設し、ディスク全体をクリーンした時のメモです。


削除できない「回復パーティション」


増設したHDDの状態は下図の通りです。


A(491MB)・・・System

B(10.00GB)・・・回復パーティション

C(455.28GB)・・・OSがインストールされていたCドライブ

で、AとCのパーティションは削除しました。Bは「削除」がメニューに表示されず、削除できません。


DISKPARTで削除を試みる


調べてみると「DISKPARTで削除する」らしいので、試してみました。


DISKPART> list disk

 ディスク   状態      サイズ  空き
 ###
 ------------   ------------    -------   -------
 ディスク 0  オンライン   465 GB  0 B
 ディスク 1  オンライン   465 GB  455 GB

DISKPART> select disk 1

ディスク 1 が選択されました。

DISKPART> list partition

 Partition ###  Type         Size   Offset
 ---------------  -------------------     -------   -------
 Partition 1   ダイナミック データ  490 MB  31 KB
 Partition 2   回復          10 GB  491 MB
 Partition 3   ダイナミック データ  455 GB  10 GB

DISKPART> select partition 2

パーティション 2 が選択されました。

DISKPART> delete partition

仮想ディスク サービス エラー:
この操作は、オブジェクトによってサポートされません。

指定されたコマンドまたはパラメーターは、このシステムではサポートされていません。


残念ながら削除に失敗しました。


クリーン&パーティション作成


DISKPARTの他のコマンドを探してみると、クリーンがあったので、実行しました。


DISKPART> clean

DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。



「未割り当て」になりました!



パーティションを作成します。


DISKPART> create partition primary

DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。



作成されました!



このパーティションにドライブ文字を割り当て、フォーマットすれば使用できるようになりました。

またいつか、どこかで。

0 件のコメント:

コメントを投稿